映画『先生から』
2019年10月4日(金)より
ユナイテッド・
シネマアクアシティお台場他、
全国順次ロードショー!
公開記念舞台挨拶決定!!
(10月5・6日)


上映劇場


 日付  劇場名
 2019.10.4(金)〜

 東京:ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
 千葉:京成ローザ⑩
 神奈川:小田原コロナシネマワールド
 愛知:中川コロナシネマワールド
 岐阜:大垣コロナシネマワールド
 大阪:シネマート心斎橋
 兵庫:MOVIXあまがさき

 2019.10.6(日)
 one day上映

 京都:T・ジョイ京都



特典付き前売り券通販情報


Coming Soon

あらすじ


—「過去の過ちをどう償うべきか、ずっと考えてきました」—
作家志望の男・真北直史(赤澤遼太郎)は、弟子入りしている作家・小宮久作(那波隆史)から<小宮公也>を探すよう頼まれる。久作の言葉通り、出版社に勤める文芸編集者・谷口一真(田鶴翔吾)のもとを訪ねると、新人賞の一次選考に公也の名前が残っていることが発覚。公也が書いたのは『先生の遺言』という作品だった。死期が近づく久作の願いを叶えようと、直史は公也の行方を追う。そのころ、久作の妻・佳奈恵(森田亜紀)は、中学時代の教え子であり現在ホストとして働く間宮康作(立石俊樹)に<小宮公也>が借りていたアパート202号室を訪ねるようにと告げる。保証人である久作に家賃滞納の連絡がきたものの、何も心当たりがないのだと言うのだ。佳奈恵は、愛人の存在を疑っていた。

そんなある日、<小宮公也>を名乗る男(小早川俊輔)が現れ、物語は大きく展開する。やがて、久作はそれまで誰にも明かさなかったある秘密を直史へ話す。それは、久作(北川尚弥)、真北健司(吉村駿作)、高田泉(伊藤歌歩)らが過ごした青春時代の話だった。果たして<小宮公也>の正体は誰なのか?

解説


 今作『先生から』は、『先生の愛人の子』『先生とホスト探偵』『先生の遺言』の3パートで構成された長編映画である。 物語を彩るキャストは、MANKAI STAGE『A3!』など2.5次元舞台を中心に活躍する赤澤遼太郎、ダンス&ボーカルグループIVVYのメンバーで役者としての活動も行う立石俊樹、舞台『刀剣乱舞』に出演の北川尚弥、ミュージカル『テニスの王子様 3rdシーズン』で主要キャストを演じる田鶴翔吾、小早川俊輔、吉村駿作ら。舞台を中心に活動する彼らが、映像作品で新たな一面を見せる。 監督・脚本を担当するのは、佐藤流司・佐藤永典・赤澤燈が出演する映画『Please Please Please』(2017年)、黒羽麻璃央・和田琢磨・玉城裕規出演の映画『Sea Opening/シー・オープニング』(2018年)、猪野広樹・崎山つばさ・北園涼・橋本祥平・小南光司・横田龍儀が出演のドラマ『ディキータマリモット~オウセンの若者たち~』、映画『いつまでも忘れないよ』(2018年~2019年)などを手掛ける堀内博志監督。時空を超えてそれぞれの想いが交差する、映画『先生から』。若者たちの友情、恋愛、夢を巡った物語が、いまはじまる―。




CAST


真北直史  赤澤遼太郎
小宮久作  北川尚弥
間宮康作  立石俊樹

谷口一真  田鶴翔吾
伊草順也  小早川俊輔
真北健司  吉村駿作


高田 泉  伊藤歌歩

伊草雅夫  岩本 淳
幸恵  矢島理佐
迫田  水野智則
三木  藤田健彦
小川  にわつとむ

ホストクラブの支配人・田辺  吉田直紀
店番男性  えびす
店番女性  夢宮加菜枝
伊草順也(3歳)  御藤梨土

小宮佳奈恵  森田亜紀
小宮久作  那波隆史





STAFF


エグゼクティブ・プロデューサー  股張祐二
プロデューサー  堀内博志
キャスティング・プロデューサー  名越 済
音楽プロデューサー  平野栄二
アートディレクター  竹田 剛
撮影  嶋根義明
録音・効果  植田 中




『先生の愛人の子』

助監督  平波 亘 工藤 渉 芦澤麻有子
撮影助手  新倉雄飛
撮影応援  板垣優天
制作  小山 悟
制作応援  江尻 大 飯山湧一郎 加藤正寛
ヘアメイク  小林瑞希
  メイキング  小菅雄貴




『先生とホスト探偵』

助監督  小鷹 裕
撮影助手  板垣優天 西村佳菜子
撮影応援  藤原俊太
制作  赤間俊秀
制作応援  吉田直紀
演出部応援  小関裕次郎 常間地 裕
ヘアメイク  小林瑞希
メイキング  小野つかさ




『先生の遺言』

助監督  平波 亘 芦澤麻有子 泉 志乃
撮影助手  新倉雄飛
制作     岡 元太 小野つかさ
制作応援  吉田直紀
ヘアメイク  河本花葉
メイキング  小菅雄貴




撮影協力
株式会社三才ブックス
アートワークスラパン

ロケ協力
ライトハウス
ALTER FATE
名曲喫茶ルネッサンス
そば処 朝日屋 
七輪山海焼き じじばば 
葬儀・葬祭サービス
下総屋食堂
スタジオ47
旅屋
さとし書房

スチール  小鷹 裕
ポスタースチール  計良治近
スタイリスト  水嶋依子
音楽  小美野慧
フリューゲルホルン:島裕介
ウッドベース:山本裕之
ドラム:石澤衛
ピアノ、プログラミング:小美野慧

主題歌 「影の世界に色を付けて」
作詞・作曲・歌:杉瀬陽子
ピアノ 伊藤隆博

製作  有限会社エスエルエフ

制作・配給  PERFECT WORLD

脚本・監督・編集  堀内 博志